どうしてクロスオーバーSUVなの?

 

国産車の中でSUVと呼べるのはわずか5車種、それ以外のSUVと呼ばれるものは、SUVのまねをして作られたクロスオーバーSUVなのです。
しかし、自動車メーカーはどうしてSUVではなく、クロスオーバーSUVを作りたがるのでしょう。
それは簡単です、コストをかけたくないからです。
本当のSUVを作るにはラダーフレームが不可欠です。
しかし、ずっとモノコックフレームを使って乗り心地の良い乗用車を作っていたためにラダーフレームを自動車メーカーが持っていないのです。
持っていないということはそれをまた一から開発しなければならないのでそれに多額の費用が掛かるのです。
それならば今販売中の乗用車のモノコックボディや既存のプラットフォームを使って、それに腰高なデザインや車高が高くなるサスペンション、SUVっぽいデザインを与えれば簡単にSUVもどきを作ることができるのです。
要するにコストをかけずにSUVの偽物を作っているということなのです。
コスト削減は今の自動車メーカーにとって非常に重要なことなのですが、こういった肝心なところでコスト削減するのはどうかと思います。
ベンツ 買取相場